本文へ移動

薩摩川内市貿易振興協会

薩摩川内市貿易振興協会は、鹿児島県、薩摩川内市、経済団体、貿易団体、港湾運送事業者等が一体となり、薩摩川内港の工業港としての充実を図ると共に、薩摩川内港の国際物流拠点化を図り、経済交流の拡大と地域経済の発展を目指して振興活動を実施しています。

令和2年度総会議案の書面による表決結果について

 
当協会の本協会の通常総会は、新型コロナウイルスの感染予防のため、議案5件について、書面により表決をいただきました。
その結果、いずれも賛成多数で承認されました。
  議案第1号 令和元年度事業報告
  議案第2号 令和元年度収支決算
  議案第3号 令和2年度事業計画(案)
  議案第4号 令和2年度収支予算(案)
  議案第5号 役員の一部改選
 
役員及び会員各位におかれましては、ご多忙の中、ご協力ありがとうございました。

新会長に橋口知章氏が就任 /役員の一部改選

このたびの総会を機に、会長が交代されました。
当協会の本協会の役員の任期は令和3年度までの3年間ですが、前会長の山元浩義氏が、令和元年11月1日で川内商工会議所の会頭を退任し名誉会頭に就任され、後任の同会頭に橋口知章氏が就任されていました。

R2書面総会結果報告

(2020-05-21 ・ 99KB)

ポートセールス活動の推進

薩摩川内港利用促進のため、荷主企業向けに集荷活動・情報提供、荷主企業訪問や船会社との連携強化、ポートセミナー開催等のポートセールス活動を行っています。

PR活動の実施

パンフレット・PRチラシ等の作成、各種広報媒体の活用及びインターネット等の利用により、薩摩川内港と当協会のPRを広く行っています。

薩摩川内市貿易振興協会 協会報

薩摩川内港ニュース

(2020-03-31・1317KB)

(2019-06-07・1313KB)

(2019-06-07・1195KB)

(2019-06-07・1181KB)

薩摩川内港の沿革

昭和45年5月
重要港湾指定
昭和62年4月
関税法上の開港指定
平成2年1月
検疫法による無線検疫対象港指定
平成11年4月
植物防疫法による植物輸入港指定
平成13年4月
動物検疫指定港に指定
平成16年4月
出入国管理及び難民認定法
韓国定期コンテナ航路開設
平成22年11月
指定保税地域の指定
韓国定期コンテナ航路週2便化のサービス開始
平成24年7月
鹿児島税関支署川内出張所常駐化
平成25年8月
中国定期コンテナ航路開設(※平成26年5月から休止中)
国際フィーダーコンテナ航路開設
平成28年8月
港湾貿易促進に関する協力協定書締結(薩摩川内市・中国江蘇省の常熟市)
平成28年9月
台湾定期コンテナ航路開設

薩摩川内市貿易振興協会 役員名簿 (令和2年5月22日現在)

薩摩川内市国際交流協会
〒895-0011
鹿児島県薩摩川内市天辰町2211番地1
TEL.0996-22-7740
FAX.0996-22-7730

 
TOPへ戻る