本文へ移動

☆国際理解講座・世界を知ろう!

7月11日開催 「アルゼンチンってどんな国?第2回」

2021/7/11(日) 13:30~15:00
 
【講 師】 牧内 磨利央 氏 
【受講者】 16名 

第2回は、「スペイン語にふれよう」というテーマで、講演を行いました。
アルゼンチンの公用語はスペイン語だが、日本語と同じように方言のような言い方もあるそう。スペイン語のあいさつ、激励のことば(応援のことば)は、よりわかりやすいフレーズを使った方が、伝わりやすいとのことでした。
前回の文化紹介であった、「飲むサラダ」と言われるマテ茶の茶器と専用ストローをお持ちくださり、4種類の茶器はそれぞれ違い、とても珍しいものでした。
受講者から「マテ茶の茶器のストロー(ボンビージャ)がこのようになっているとは驚いた」「スペイン語は難しいけれど、また学んでみたい」などの声がありました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。

7月4日開催 「アルゼンチンってどんな国?第1回」

2021/7/4(日) 13:30~15:00
 
【講 師】 牧内 磨利央 氏 
【受講者】 25名 

第1回は「アルゼンチンの文化紹介」で講演を行いました。
国土面積がとても広い「アルゼンチン」には、壮大な自然や世界遺産があり、イグアスの滝などは圧巻の迫力。食文化については「牛肉」を使った料理が多く、有名な「アサード(炭や薪でお肉を焼く料理)」は、その焼き加減にこだわる方もいるそう。
「アルゼンチンといえばサッカー」と思う方が多いように、世界的に有名な選手が多く、また応援する人々も、とても「情熱的で熱い」とのことでした。
お持ちいただいた楽器や狩りの道具について「南米っぽい紐の柄ですね」「狩りの道具は見た目よりかなり重い」などの感想がありました。
ご参加くださったみなさま、ありがとうございました。
薩摩川内市国際交流協会
〒895-0011
鹿児島県薩摩川内市天辰町2211番地1
TEL.0996-22-7740
FAX.0996-22-7730

 
TOPへ戻る